ビジョン VISION

01.災害に強い街づくり

平成30年7月豪雨災害は、東区内のなかでも、特に馬木地域で深刻な被害をもたらしました。

今後も同様な自然被害が起こらないとも限らない現実に、多くの方が不安を抱えておられます。

私の住む町内でも、有志の方々が自主防災マップの作成や、防災意識向上のプロジェクトを立ち上げて活動を開始されました。

私も地域の防災力向上に寄与できるよう、防災士の資格取得を目指して挑戦中です。(2019年2月取得予定)

02.中小零細企業・小規模事業者を守る更なる支援

中小零細企業が持つ高い技術力こそが、「ものづくり大国日本」の柱です。

私が以前勤めていた会社も、退職後に、資金繰りが厳しくなり倒産しました。

高い専門の技術力を持っていた企業だっただけに、非常に残念でした。

地域経済の活性化、引いては我が国の経済産業をけん引する、中小零細企業・小規模事業者を営む皆さんへの更なる支援をめざします。

03.子育て支援の充実

2018年春、公明党が全国で実施した「100万人訪問・調査」運動のなかで、子育てについて、

7割を超える方が「教育費の経済的負担に不安を抱えている」とのアンケート結果が出ました。

我が家も、親元を離れ大学へ通う3人の子どもの学費のねん出、また子どもたち自身も、

深夜のアルバイト等で生活費を工面した経験があります。

未来を担う若者を守り、支える社会をめざし、より一層の「教育の充実」「経済的負担の軽減」に取り組みます。

04.「聴く力」・「伝える力」・「創る力」を

地域社会に山積する課題は多くありますが、その本質は「生活の現場のなかにこそある」と改めて痛感します。

現場第一主義に根差した「聴く力・伝える力・創る力」この3つの大切な視点と行動で、

皆さまに喜んでいただけるよう、しっかりと働いてまいります。

  • 広島市
  • ひろしまマイ・タイムライン